車両のご案内

このページでは山陰急行電鉄の車両を紹介していきます。


【山陰急行電鉄の車両形式決定時の法則】

特急型車両は3桁、通勤・近郊型車両は4桁で、近郊型車両は100の位が0で、通勤型車両は100の位が2となっています。


車両の画像につきましては、もうしばらくお待ち頂けたらと思います。

―現役の車両―

920系

新山陰電鉄920系電車(しんさんいんでんてつ920けいでんしゃ)は、かつて山陰鉄道および山陰急行電鉄に在籍し、現在は新山陰電鉄に在籍している、通勤型電車である。紅辺線(こうべせん)での特急運転の開始に際し1928年から製造が開始され、その後1929年にかけて240両が製造された。先に購入したした100形で確立されたスタイルを継承しつつ、山陰グループの鉄道では初の2両固定編成の採用や、その連結部への広幅貫通路の設置など、その後数十年に及ぶ山陰グループの車両設計の基本を確定させた車両である。同時に、昭和戦前期の山陰鉄道および私鉄を代表する車両のひとつでもある。


新山陰電鉄920系電車
第1次車920(1947年2月)                                 

第1次車920(1947年2月)

基本情報
運用者 山陰鉄道→山陰急行電鉄→新山陰電鉄
製造所 川崎車輛
製造年 1928年 - 1929年
製造数 240両
主要諸元
編成 8両編成(登場時は様々な両数で活躍)
軌間 1,435 mm
電気方式 直流600V→1500V
全長 17,600 mm
主電動機 芝浦製作所 SE-151
主電動機出力 170 kW × 4
駆動方式 吊り掛け駆動方式
歯車比 2.19

3000系

山陰急行3000系は1965年の昇圧化に伴い運行を開始し、試作編成が40編成で通常編成が240編成、合計2240両の巨大グループである。


試作編成老朽化のため、第三回ダイヤ改正で試作編成は全て置き換え対象となった。


およそ、280両の廃車がでたという。


2017年に第二回の大規模リニューアル工事が行われ、綺麗になった。2018年4月に御披露目予定である。


現在は本線の普通列車と空港線の急行と普通運用、重工業線の普通と競馬時の臨時急行運用に就いている。


2017年度までは全線の全種別を担当していた。




3200系

3000系の大量廃車により製造された形式で2018年製造の最新形式である。38編成304両が製造され、普通列車の運用に就いている。


デザインは3000系の大規模リニューアルとほとんど変わらないデザインである。

 

本線では特急や快急の合間をぬって運行するために加速度は毎秒時速4・5キロと非常に高く設定しているため、乗り心地を改善するために台車はボギー台車となっている。

 

なお、この形式は普通列車運用を想定しているので、全車ロングシートである。

 

3月17日の新ダイヤより100系・4000系とともに運行を開始した。




100系

2018年に投入された山陰急行初の特急専用車両。2018年度には全ての特急車が100系となり余剰となった3000系は空港線に配置されることとなった。


全車転換クロスシートであり、最高時速は130キロメートル。


3月17日の新ダイヤより3200系・4000系とともに運行を開始した。




150系

山陰急行電鉄150系は寝台列車用の電車である。


最高時速は130キロで加速度は毎秒時速2.6キロメートルで毎日高速でお客様をビシネス・旅行先へ運びます。


料金はA特急料金のみで高速バスや新幹線、飛行機よりも大変お得になっており、ビジネスマンや旅行者に重宝されております。


車内販売は常時スタッフが交代で行っております。飲み物や食べ物もお土産も充実しているので、遠慮なくご注文いただけたらと思います。


座席はのびのびシートで、ゆったりと過ごすことができます。


区間は稚羽公園~茶久羅町で時間は両端をそれぞれ0:00に出発する。


走行区間は片道500キロを超える。


新幹線や飛行機の初発の便よりも早くつくことができるため、とても便利になっている。


【A特急料金営業キロ】

《単位:キロメートル》


[ 指定席特急料金・自由席特急料金]


〔  50まで〕1,270円・750円

〔100まで〕1,700円・1,180円

〔150まで〕2,350円・1,830円

〔200まで〕2,680円・2,160円

〔300まで〕2,900円・2,380円

〔400まで〕3,110円・2,590円

〔600まで〕3,430円・2,910円

〔601以上〕3,760円・3,240円



4000系

2018年の第三回ダイヤ改正で登場した直通快速用の形式である。

50編成400両が製造され、他社線内の運用に就くこともある。

加減速性能や最高速度などの性能は3000系を踏襲しているが、機器は東洋社のigbt-vvvfを採用している。

 

那羅急行線内の稲峡車両センターにて留置や整備、工事を請ける場合がある。



3月17日の新ダイヤより3200系・100系とともに運行を開始した。




その他、山陰急行電鉄に関する情報・ご案内をご覧になりたい方は